日本人はシャンプーを毎日する習慣がありますが、海外では2~3日おきにしか髪の毛を洗わない国もあります。毎日頭皮をゴシゴシと洗いすぎると油脂バランスが崩れて髪の毛の健康を損なう恐れがありますので、髪の毛は毎日洗わなくても良いのですが、綺麗好きな日本人としては洗わずにはいられない人も多いです。しかし、髪の毛を洗う時のポイントを抑えておけば、毎日洗っても髪の毛を傷める事はありません。

 
まずは、髪の毛全体を濡らして表面の汚れや整髪料を洗い流します。全体に流せたらシャンプーを手に馴染ませながら髪の毛に広げていきます。そして手の腹の部分を使って洗っていきます。頭皮の毛穴には皮脂が沢山詰まっていますので、つい爪を立ててゴシゴシとしたくなってしまいますが、爪は絶対に立てない様にします。指の腹の部分を使ってゆっくりと力をいれずにマッサージする様に洗います。力を入れなくても汚れは十分落ちます。シャンプーは髪の毛を洗うよりも頭皮を洗う事をメインとして行う物です。頭皮が綺麗になれば嫌な臭いも抑える事が出来ます。

 

髪の毛が洗えたら、シャワーで丁寧に洗い流します。この時、髪の毛同士をこすり合わせない様にして下さい。水分を十分含ませて、髪の毛が水の中で泳ぐ様な感じで洗い流すと良いでしょう。髪の毛の洗い方を変えるだけで、綺麗な髪の毛を維持する事が可能です。